トップページ個人情報保護方針 | お問い合わせ
サイト内検索
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
前月 2017年06月 次月
POWERED BY
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
岡山県総社市の片岡聡一市長の、昨日(29日)のTwitterで下記のツイートがありました。




https://twitter.com/souichikataoka/status/869020806025576448

総社市が取り組んでいた、障がい者千人雇用の目標が達成し、障がい者の就労者数が1000名を越えました。
この目標達成には、当団体として心よりお祝い申し上げたいと思います。

もともと、当団体が総社市が取り組んでいる障がい者千人雇用を知ったキッカケは以下のホームページを拝見したことから。

◎東洋経済オンライン
障がい者が自立すれば、みんなが元気になれる 国にNO!を突き付けた岡山県総社市長の戦い(上)
http://toyokeizai.net/articles/-/34321

この記事をキッカケに、当団体の金子代表理事と、片岡聡一総社市長が始めて出会ったのが2014年8月6日。
その時から約2年9ヶ月もの間で、当団体のメンバーが総社市に訪問した回数は9回。片岡市長とは総社市を始め、久留米市、神戸市、米子市などで、14回の交流があり、当団体としても2016年3月に兵庫県伊丹市において、団体理事全員が集い「行政と共に考える、これからの障害者雇用」を開催し、そのイベントに片岡市長をお招きして、全国から計12名の市議会議員が集い、障がい者千人雇用の取り組みについて応援しておりました。



「行政と共に考える、これからの障害者雇用」を開催[兵庫県伊丹市]
http://www.oyajilink.net/report/index.php?e=170

また、他には神戸、久留米においても、片岡市長と共に講演活動を行い、日本各地に総社市の取り組みを伝えておりました。









このご縁を重ねながら、総社市の障がい者千人雇用を応援しており、今回の目標達成は当団体としてもとても嬉しく感じております。

今回、この千人という数字は、総社市の福祉部の職員の皆様を始め、市の職員の方々、そして関係者の方々のご尽力の賜と思います。
また、それだけでなく、実際に働いている障害のある方々の日々の努力、そして障害のある方々の可能性を信じて、就労先を作った企業の方々、また定着の支援を支えたその家族、皆様の努力や懸命な支援の中にあった「千人」という結果だと感じております。

この達成がひとつの通過点として、これからも障害のある方の新しい支援の在り方について取り組む総社市を応援して参りたいと思います。

20日の夜は、さいたま市内にある、浦和コミュニティーセンターにて、当団体が運営する、放課後等デイサービス『輝HIKARI』スタッフ合同研修会が行われました。
研修内容は「基礎から学ぶ問題行動に対する理解と対応」



飛び出しやかんしゃく、他害行為や自傷行為などの問題行動について根拠に基づく機能分析の基本的な考え方と、家庭や現場での対応や応用ついて実践的に学ぶというものでした。
この研修会の特別講師には、鳥取大学 大学院医学系研究科 臨床心理学講座の井上雅彦教授をお招きして講演頂きました。



「輝HIKARI」の4施設スタッフ、一般の参加者を含めて約45名が参加。
その行動は何故おこるか?という起源から、行動前後の環境変化、機能の分析、記録方法や、対応後の行動の変化など、応用行動分析の基礎を分かりやすく解説して頂きました。
約1時間30分の講演では、井上先生が受け持つ事例などもお聞きすることもでき参加した自閉症の子どもを持つ親や、スタッフの人たちには具体的な事例が聞けたことはとても有効的だったと思います。



講演後は参加者からの質疑応答。集団生活の中で、起きるある行動について質問がされました。
今回はその実際に出た質問から、参加者がグループごとに分かれてディスカッションを行い、ストラテジーシートを使いながら、その行動を中心にして、事前の行動と事後の行動を出して、グループごとに手立てを検討。
グループの中で、選定された方が、まとめられた意見を解決方法として発表しました。



各グループでは、常識に縛られる事がないユニークな解決方法なども出て、楽しい研修会となりました。
講演とディスカッション含めて約2時間30分の研修会。大変に勉強になりました。

5月13日は、社会福祉法人joy明日への息吹に訪問させて頂きました。
緒方克也理事長と懇談させて頂きました。



こちらへの施設訪問は2年4ヶ月ぶりです。
昨年11月の当団体スタッフ研修会の講師をお引き受け頂いた御礼と、joy倶楽部、アトリエブラヴォを見学させて頂きました。




joy倶楽部では、アンサンブルコンサートの練習風景も見学。またアトリエブラヴォでは、絵を描いている場所を見学させて頂きました。
お勤めされている方々が輝き仕事をされている姿に改めて勇気を頂きました。
また福岡での幼少期の検診・診断等についても教えて頂いたり、将来的な福祉への懸念、またその対応や制度についても色々とご指導頂きました。
大変に勉強になりました。
5月12日は、福岡県久留米市を訪問者して、Likelabの施設を一日かけて見学。
まずは、Likelab本社を訪問。Likepotを始め、児童発達支援事業所、自立訓練場所などを見学。



続いては、katarukitchenにて、田中社長、松原専務と共に会食。
その後は、障がいを持つ18歳以上の方を対象としたアトリエ型就労支援事業所Studionuccaを訪問してB型就労事業所及び、その事業で制作された様々な商品を拝見させて頂きました。



そして、今回は初訪問となる、ITに特化したB型就労事業所のStudiolinkを見学。実際にmacを使って制作された様々なデザインや作品を拝見させて頂きました。



また夜からは、一般社団法人アカルカ福祉協会が主催する、障がい者支援者カンファレンスに参加しました。
このカンファレンスは今回で12回目。
主催の田中代表からお招き頂き、講演を担当致しました。
講演内容は『場所や特性を選ばない新しい障がい者就労』というテーマの予定でしたが、身勝手にも直前に内容を変更させて頂き『家族への父親の役割』についてを中心に話しました。



その後は懇親会。約60名の参加者の方々との交流会。
懇親会開催の挨拶は、一般社団法人アカルカ福祉協会の田中代表、そして乾杯の音頭は、同協会の土本理事。
その後は、参加者の皆さんとゲームをしたり、団体紹介など行い交流しました。
閉会の挨拶では、兵庫県伊丹市から応援に駆けつけた、おやじりんく理事の本田さん。
地域の垣根を飛び越え、様々な支援団体の交流で楽しいひとときを過ごしました。
11日は、さいたま市の公式行政視察へ同行しました。
場所は長崎市。
内容は、長崎県での5歳児検診の取り組みと、1歳6カ月での検診時におけるM-CHATの導入について。
さいたま市からは、小森谷勝市議会議員、斎藤健一市議会議員が視察に行かれ同席しました。
視察にご対応頂いたのは、長崎大学医学部保健学科専攻 岩永竜一郎教授。



長崎県では現在21の市町村のうち16の市町において、5歳児検診を導入。
検診時においては診断をするだけでなく、療育施設へ繋げる体制や、学校での特別支援教育や通級指導での対応に繋げる仕組みなども伺いました。
また、長崎県での1歳6ヶ月検診では以前、佐世保において小学生の児童が同級生を殺害する事件から、幼少期における自閉症スペクトラムの早期発見に取り組むために、事件の起きた佐世保市と長崎市では1歳6ヶ月検診時にM-CHATも取り入れており、早期発見・早期療育に対しても取り組まれている内容など伺いました。



なお、5歳児検診を行ううえでは、ただ検診して診断するだけでなく、その後の『受け皿』も重要とのご指摘。
この指摘において、さいたま市での様々な課題や、これからの対策についても協議しました。


ホームページコンテンツ
■トップページ ■法人概要 ■おじゃりんく通信
■おやじりんく活動報告 ■イベント情報  ■賛助会員・寄付のお願い
■埼玉県NPO基金 ■個人情報保護方針 ■お問い合わせ
  特定非営利活動法人おやじりんく
HomePage: http://www.oyajilink.net/
Twitter: https://twitter.com/oyajilink/
facebook: http://www.facebook.com/npo.oyajilink
運営理念
おやじパワーとネットワークを活かして、発達障害児を中心とした子どもたちの育成と将来の自立・就労に向けて支援活動をおこないます。