トップページ個人情報保護方針 | お問い合わせ
サイト内検索
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
前月 2019年03月 次月
POWERED BY
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
齋藤健一さいたま市議会議員に本社へご来社頂きました。



6月13日に、さいたま市6月定例会の本会議において一般質問した内容と、その答弁について報告頂きました。

当団体から提案させて頂いた要望として・・・
1.さいたま市内の障害者就労の推進と法定雇用率の100%達成に向けての取り組み。
2.発達障害への早期発見の取り組み(1歳6カ月健診におけるM-CHATの導入)について。

1については、曖昧な答弁でしたので、答弁から出たある組織について再調査を依頼しました。

2については、さいたま市としても重要視しており、M-CHATの導入については前向きに検討をされそうです。

今年1月20日、総務省の行政評価局による、発達障害への早期発見において、報告書にはM-CHATの導入を推進する内容が書かれています。
現在、124の市町村において、歳6カ月健診において、M-CHATは導入されております。それを踏まえて、さいたま市でも導入を推進して頂いております。

今後も、さいたま市の障害者支援については強く取り組んで行きたいと思います。
他には、6月から齋藤健一議員は、常任委員会では文教委員会に所属をされたとのことで、特別支援教育、教員の勤務形態、子どもの居場所づくりなど、色々な分野での相談もしてまいりたいと思います。
ドコモプラスハーティの方々と共に、奥進システム社を訪問しました。
奥進システムが展開している、精神障害者の雇用定着支援システム『SPIS』について奥脇社長よりご説明頂きました。



また、大阪での障害者就労や、ネットワーク、研修会の情報などお聞きしました。
またその後は、奥脇さんと懇談。



おやじりんくの将来、進む方向性、就労、定着への支援、幼少期での支援など、多岐にわたり意見交換しました。
さいたま障害者就業サポート研究会に参加。
研究会講演は、一般社団法人日本経済団体連合会の労働政策本部、副本部長の遠藤和夫氏より『障害者雇用率の見直しに向けて〜分け隔てない共生社会の実現〜』として講演。





先日、労働政策審議会が行われ、来年度から障害者の法定雇用率が引き上げられる予定。
日本は、2008年から人口減少社会となり、潜在的な労働の出来る方は社会へ参画して頂くという考えのもと、障害のある方もより働きやすい(働ける)仕組みづくりを目指しているという話から、最新データでは、算定式に基づき、2%から2.42%への数値変更。



ただし今回は激変緩和措置も行われる事も検討されており、来年度からは2.2%になるであろうと言われています(5月30日付けの答申)。
また来年度から、精神障害者の雇用が算定基礎対象となることにより、働き方や合理的な配慮などについても諮問されている状況などお話し頂きました。
他には、障害者雇用納付金の見直しや、医療機関等の連携、現在の障害者雇用状況など説明され、経団連の立場から法定雇用率の改定について聞きました。
経団連の立場として、一般企業での法定雇用率改定についての懸念やご意見など、とても分かりやすく勉強になりました。

20日の夜は、さいたま市内にある、浦和コミュニティーセンターにて、当団体が運営する、放課後等デイサービス『輝HIKARI』スタッフ合同研修会が行われました。
研修内容は「基礎から学ぶ問題行動に対する理解と対応」



飛び出しやかんしゃく、他害行為や自傷行為などの問題行動について根拠に基づく機能分析の基本的な考え方と、家庭や現場での対応や応用ついて実践的に学ぶというものでした。
この研修会の特別講師には、鳥取大学 大学院医学系研究科 臨床心理学講座の井上雅彦教授をお招きして講演頂きました。



「輝HIKARI」の4施設スタッフ、一般の参加者を含めて約45名が参加。
その行動は何故おこるか?という起源から、行動前後の環境変化、機能の分析、記録方法や、対応後の行動の変化など、応用行動分析の基礎を分かりやすく解説して頂きました。
約1時間30分の講演では、井上先生が受け持つ事例などもお聞きすることもでき参加した自閉症の子どもを持つ親や、スタッフの人たちには具体的な事例が聞けたことはとても有効的だったと思います。



講演後は参加者からの質疑応答。集団生活の中で、起きるある行動について質問がされました。
今回はその実際に出た質問から、参加者がグループごとに分かれてディスカッションを行い、ストラテジーシートを使いながら、その行動を中心にして、事前の行動と事後の行動を出して、グループごとに手立てを検討。
グループの中で、選定された方が、まとめられた意見を解決方法として発表しました。



各グループでは、常識に縛られる事がないユニークな解決方法なども出て、楽しい研修会となりました。
講演とディスカッション含めて約2時間30分の研修会。大変に勉強になりました。

5月13日は、社会福祉法人joy明日への息吹に訪問させて頂きました。
緒方克也理事長と懇談させて頂きました。



こちらへの施設訪問は2年4ヶ月ぶりです。
昨年11月の当団体スタッフ研修会の講師をお引き受け頂いた御礼と、joy倶楽部、アトリエブラヴォを見学させて頂きました。




joy倶楽部では、アンサンブルコンサートの練習風景も見学。またアトリエブラヴォでは、絵を描いている場所を見学させて頂きました。
お勤めされている方々が輝き仕事をされている姿に改めて勇気を頂きました。
また福岡での幼少期の検診・診断等についても教えて頂いたり、将来的な福祉への懸念、またその対応や制度についても色々とご指導頂きました。
大変に勉強になりました。


ホームページコンテンツ
■トップページ ■法人概要 ■おじゃりんく通信
■おやじりんく活動報告 ■イベント情報  ■賛助会員・寄付のお願い
■埼玉県NPO基金 ■個人情報保護方針 ■お問い合わせ
  特定非営利活動法人おやじりんく
HomePage: http://www.oyajilink.net/
Twitter: https://twitter.com/oyajilink/
facebook: http://www.facebook.com/npo.oyajilink
運営理念
おやじパワーとネットワークを活かして、発達障害児を中心とした子どもたちの育成と将来の自立・就労に向けて支援活動をおこないます。