トップページ個人情報保護方針 | お問い合わせ
サイト内検索
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
前月 2018年12月 次月
POWERED BY
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
岡山県総社市の片岡聡一市長の、昨日(29日)のTwitterで下記のツイートがありました。




https://twitter.com/souichikataoka/status/869020806025576448

総社市が取り組んでいた、障がい者千人雇用の目標が達成し、障がい者の就労者数が1000名を越えました。
この目標達成には、当団体として心よりお祝い申し上げたいと思います。

もともと、当団体が総社市が取り組んでいる障がい者千人雇用を知ったキッカケは以下のホームページを拝見したことから。

◎東洋経済オンライン
障がい者が自立すれば、みんなが元気になれる 国にNO!を突き付けた岡山県総社市長の戦い(上)
http://toyokeizai.net/articles/-/34321

この記事をキッカケに、当団体の金子代表理事と、片岡聡一総社市長が始めて出会ったのが2014年8月6日。
その時から約2年9ヶ月もの間で、当団体のメンバーが総社市に訪問した回数は9回。片岡市長とは総社市を始め、久留米市、神戸市、米子市などで、14回の交流があり、当団体としても2016年3月に兵庫県伊丹市において、団体理事全員が集い「行政と共に考える、これからの障害者雇用」を開催し、そのイベントに片岡市長をお招きして、全国から計12名の市議会議員が集い、障がい者千人雇用の取り組みについて応援しておりました。



「行政と共に考える、これからの障害者雇用」を開催[兵庫県伊丹市]
http://www.oyajilink.net/report/index.php?e=170

また、他には神戸、久留米においても、片岡市長と共に講演活動を行い、日本各地に総社市の取り組みを伝えておりました。









このご縁を重ねながら、総社市の障がい者千人雇用を応援しており、今回の目標達成は当団体としてもとても嬉しく感じております。

今回、この千人という数字は、総社市の福祉部の職員の皆様を始め、市の職員の方々、そして関係者の方々のご尽力の賜と思います。
また、それだけでなく、実際に働いている障害のある方々の日々の努力、そして障害のある方々の可能性を信じて、就労先を作った企業の方々、また定着の支援を支えたその家族、皆様の努力や懸命な支援の中にあった「千人」という結果だと感じております。

この達成がひとつの通過点として、これからも障害のある方の新しい支援の在り方について取り組む総社市を応援して参りたいと思います。

おやじりんくも先月31日で無事に4期目を終えて、4月より新たに5期目がスタート。団体を立ち上げて3年5ヶ月。これまでの活動の中で、昨年度の活動について振り返りたいと思います。

現在、特定非営利活動法人は全国で5万団体を越えました。



これはグラフの伸び率を見ても、2011年に起きた東日本大震災をキッカケに「共助」「地域」をテーマにした新たなコミュニティビジネスが脚光を浴びた背景も後押しとなっています。
ただし、NPOがコミュニティビジネスの一環としてなる立場として、社会性で考えると“ビジネス”である以上、ボランティアとは一線を画し、事業の継続性を念頭に置かなければなりません。
そのため、コミュニティビジネスには、「社会性」と「事業性」の2つの価値を持つことが求められます。(「地方創生」で脚光を浴びるコミュニティビジネス−コミュニティビジネスの可能性を探る− より)

信金中央金庫−産業企業情報−
「地方創生」で脚光を浴びるコミュニティビジネス
−コミュニティビジネスの可能性を探る−

http://www.scbri.jp/PDFsangyoukigyou/scb79h28F01.pdf

しかし、この5万団体あるNPO法人の中で、3年間、継続して事業を安定できた法人は、5%程度(2500〜3000団体程度)であると予想しており、残りの95%が、事業化や活動が軌道に乗らない状態であると予想しています。
それは、社会貢献に対する活動資金を、各企業のCSR部門や財団法人などの「寄付」や、会費などの収入を対象としているところが要因であり、また設立時の「熱さ」を中心者たちが忘れてしまっている(冷めてしまっている)心の問題もあると思います。
その中で、当団体NPO法人おやじりんくが何故に、事業継続を行い、社会貢献活動を進めていけるのか?は、すべて「チームワーク」と、そして「1人の想いがみんなの想い」に波及した表れであると思っています。
『「地方創生」で脚光を浴びるコミュニティビジネス−コミュニティビジネスの可能性を探る−』のコラムで、今回おやじりんくが、「持続可能な地域づくりに挑戦するコミュニティビジネス事業者」として紹介されました。

その文面中に以下のくだりがあます。
『同法人(おやじりんく)は特定非営利活動法人(NPO法人)として立ち上げた。障がい児を持つ親は自分の子どものことを中心に考えて利己主義に陥る傾向が強いことから、障がい者支援事業では、共感者でチームワークを組んで取り組むことが重要だと考えている。そのため、同法人は、一人で設立できる株式会社や社団法人ではなく、チームワークに馴染むNPO法人という法人格で「なければならない」と金子代表はいう。ちなみに、同法人では、職員を「チームおやじりんく」と呼ぶほど、チームワーク(協調性)を最重要視している。』


私たちが以前からずっと言い続けていた「特定非営利活動法人に拘り続けている」ということに対して、やっと客観的に評論されるに至ってきました。
この3年半で、団体に参加して活動に協力してくれている「チームおやじりんく」のメンバーたちの努力もあり、ゼロからスタートした3年5ヶ月前から、現段階で、当団体として収益部門としては、放課後等デイサービス「輝HIKARI志木」「輝HIKARIさいたま」「輝HIKARI上宗岡」「輝HIKARIみぬま」の4つの通所施設、そして43名のスタッフが勤める収益性事業型形態があり、またNPOとして、社会貢献非営利活動型形態により全国の支援団体や行政、協力関係機関とも繋がり、この両輪で障がいのある方(またはそのご家族)への支援体勢が整いました。
しかしまだ、企業規模としては中小企業程度のレベルであります。

今年度からも新しい発想と新しい取り組み、そして今のハードウェア・ソフトウェアをバージョンアップして、昨年度以上の飛躍をしていきたいと決意しています。

これからも、特定非営利活動法人おやじりんくをどうぞよろしくお願いいたします。
おやじりんくの活動報告としては息子の話題を書くのは初めてのことだと思います。
私が個人的に公開しているブログ「マサキング子育て奮闘記」というものがあります。

今回の記事は、それと同じ話題のマルチ投稿になりますが、ご了承ください。

先日息子を寝かしつけている時の話。
久しぶりに一緒に横になった時、息子に対してこう言いました。
「まぁ君。最近はパパがあまり遊んであげられなくてゴメンネ。でもパパは将来のまぁ君のタメに時間を貯金しているんだよ。たくさんのパパたちと一緒に、まぁ君のような子たちの将来の環境を作ろうとしている。ユウキ君のパパだって一緒。カズ君やケイ君のパパとも一緒。たっくんのパパも一緒。だからみんなお友達のパパたちも一生懸命頑張っているからパパも頑張るからね」と言いました。

多分言葉の意味は分からないだろうなと思っていました。
ただ分からなくても真剣に息子のタメに伝えたかったのです。

そして息子が一言。
『パパ。ありがと!』と。

この言葉はどんなご褒美よりも、どんな褒め言葉よりも私にとっては幸せを感じさせる言葉です。
この『パパ。ありがと!』という言葉でまた元気を貰いました。

いま私は45歳。
この歳にして、仕事とは無関係の人との出会いや交流が広がる父親は何人居るでしょうか?
以前、ふぁみえーるというサイトのインタビューでも書きました。
https://famiyell.net/knowledge/column/index/78719

「父親というのは、人との付き合いとなると殆どが職場の同僚になってしまいます。 母親が子どもの生活環境が中心の付き合いに変わるように、父親は職場の同僚との付き合いが中心となります。 そして人は年を重ねるごとに、どんどん人との付き合いが減っていきます。しかし私は息子の障害から、同じ障害児を持つ父親たちと縁をすることが出来ました。これは私にとっても財産です。」

この言葉には嘘偽りはありません。
すべては人との出会いが始まり、それが悪縁であれば悪い結果となりて、良縁であれば自分も成長させてくれる。
しかし、人と始めて出会った瞬間は、それが悪縁でもなく良縁でもありません。
ゼロ!なんです。
そこからプラスにするにもマイナスにするにもやはり自分の責任が伴うはずです。

「あいつと付き合って俺は損をした」という事を言う人もいるかもしれません。
でもその「人との付き合い」というのは、決して誰かに強制された訳では無く、それも自分が自ら選んだ選択肢のひとつなんです。
だから、その出会いというものを大切にして、そして一つ一つの出会いを丁寧に接して、そして一生懸命に真面目に接していくことが「縁を磨く」ということだと思っています。

磨かれた縁は輝き、そして自分の前も照らしてくれます。
現に私はたくさんのオヤジたちと出会って、以前より照らされています。

この縁によって照らされた数々の光によって、息子の将来を、そして縁した父親の子どもたちの将来も照らせられるような環境を作っていきたいと思っています。

この1ヶ月間は様々な資料制作に追われています。
法人登記の申請書をはじめ、定款、その他理事総会の資料、そしてイベントの企画書やパンフレット、それ以外にも団体活動への理解を促す懇談。
そして様々な協力者の方々とのブレインストーミング。

1人の障害児の父親であれば、我が子の事だけを考えて自分1人で決定し進めば良いのですが、やはり組織となって、他の障害児・者の支援まで考えると、私の一意的な方向性と考えだけではあまりにも疎かになってしまうということも分かってきました。

自分の頭の中だけの考えであれば、考えるだけで済みます。
しかし、そこに協力者や賛同者を募るとなると、その頭の中にある事を資料として落とし込まなければなりません。
これがとても時間を要します。
しかし、これでまた改めて自分のやりたいことが明確になってくる時もあります。
そして「何となく」考えていた事を具体化する時には、様々な不備がみつかる場合あります。

資料作りって大変ですが大切なんだなと改めて痛感している今日この頃です。
おやじりんくのロゴはご覧頂いてのとおり、3つの円が重なり合っています。
この円は光の三原色である赤色、緑色、青色の3色になっています。
人は、一人一人がその単色で様々な個性があります。
そして、その円(縁)が重なり合っていくと、別 の色(個性)を出していきます。

組み合わせは様々です。
そしてすべての円(縁)が重なり合ったところ(中心)は、すべての色が合わさって「白」になります。
この白は「無」。

所謂、無限の可能性を放つことができるという意味です。
発達障害障害児・者は様々な個性やタイプがあります。
そのタイプに必要な支援する側のタイプを、私たちがこの円(縁)の組み合わせで、色を合わせてそして、障害児・者へよりプラスになる支援となるように組み合わせていきたいと考えております。

父親は昼間は勤めており、様々な仕事の分野でプロフェッショナルです。
1人1人の巧みな技術や能力に関してはみんな得意分野を持っています。
その巧みな技術や能力を仕事だけではなく、ちょっと未来の子どもたちに向けた取り組みとして利用したら?と考えてみませんか?

少し視点を変えることで、無限の可能性を秘めた様々な支援ができるのではないか?と考えています。
おやじりんく



ホームページコンテンツ
■トップページ ■法人概要 ■おじゃりんく通信
■おやじりんく活動報告 ■イベント情報  ■賛助会員・寄付のお願い
■埼玉県NPO基金 ■個人情報保護方針 ■お問い合わせ
  特定非営利活動法人おやじりんく
HomePage: http://www.oyajilink.net/
Twitter: https://twitter.com/oyajilink/
facebook: http://www.facebook.com/npo.oyajilink
運営理念
おやじパワーとネットワークを活かして、発達障害児を中心とした子どもたちの育成と将来の自立・就労に向けて支援活動をおこないます。