トップページ個人情報保護方針 | お問い合わせ
サイト内検索
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
前月 2014年11月 次月
POWERED BY
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
22日は、さいたま市内にて『発達障害児の文化的交流を求める絵画教室』を開催しました。
今回の開催は、一般社団法人アーツアライブさまの協力のもと、プロアーティストのサポートによる「スイミー壁画プロジェクト」を行いました。


この「スイミー壁画プロジェクト」に関しては、9月17日にアーツアライブと共同で行ったミーティングについて記載していますのでそちらを御覧下さい。

ArtsAlive スイミー:壁画プロジェクトへ協力
http://www.oyajilink.net/report/index.php?e=113

今回は児童11名が参加。
アーテストの池平撤兵さんが主導になって、壁画を制作するものです。

まずは、大きな障子紙に子どもが想像する描きたい絵を好きなように描きました。
普段の絵画教室では水彩の絵の具を使っていますが、今回はアクリル絵の具で、本格的な画材に子どもたちも喜んで描いていました。


目の前にあるサンプルの写真から好きな物を表現して描く子ども、自分の手形を付けて成長をアピールする子ども。
1時間30分程度ですが、子どもたちは大きな障子紙に好きなように描いていきました。


そして子どもたちが帰った後は、スタッフがその子どもたちが描いた絵を紙から切り取り、ひとつひとつの小さな作品にしていきました。
ここからは、アーティスト池平撤兵さんが、そのひとつひとつの作品を見直して、壁に貼ってある大きなキャンバスに作品を貼り、そこに新しいアーティストとして表現を加え、おおきな作品に仕上げていきました。


この続きは来月12月20日にもう一度行います。
そこで残りの子どもたちの作品を追加して、新たに新たにアートを加え、作品が完成する予定です。
22日は都内にて、学習塾&幼児教室[Leaf(リーフ)]が主催する【教育実践フォーラム】第5回「家族支援」に参加させて頂きました。
このイベントは昨年から開催されており、今回で5回目。5回目のテーマは「家族支援」でした。

詳細は下記のホームページで紹介されています。

【教育実践フォーラム】第5回「家族支援」
http://leaf-school.jp/renkei/5.html

イベント第一部は、基調講演として「発達障害のある子どもを持つ保護者への理解と連携」と題して90分間に渉り、鳥取大学大学院医学系研究科臨床心理学講座教授の井上雅彦先生が講演をされました。
現在の小中学校での発達障害児童(またはその傾向が強い)に対する支援の現状から、その家族対する支援者の対応、地域性の問題や支援者と保護者の連携などについて、井上先生が取り組まれている課題なども含めて発表をされました。


発達障害者支援法が制定されてから今年で10年目。この10年で増加傾向にある特別支援教育の環境整備と、その課題、そして地域や社会との連携についてお話しをされました。

そして第二部はパネルディスカッション。
今回、井上正彦先生以外にパネラーとして参加したのは、発達障がい親支援ハッピーサポートの代表堀内祐子氏、そして当団体代表の金子訓隆も参加させて頂きました。
まずは各々の紹介として15分程度、その活動や我が子らへの接し方などについて自己紹介も含めて話しました。
代表の金子からは、発達に特性のある子どもに対して、父親からの接し方や自分の体験を通じて伝えました。


その後はパネルディスカッション。
事前に質問を受け付けていた内容から、発達障がい親支援ハッピーサポート堀内氏が、母親としての接し方や自身の経験に基づき参加者お伝えしていました。
また当団体代表の金子は、父親の家族に対する接し方について話しました。
特に話した内容としては「父親は母親に比べて子どもといる時間が限られている。その限られた時間の中で子どもと接する時間を作ろうとするより、妻からの話を拾い上げ、そこから妻と一緒に『子育て』を考えることが大切」と話しました。
90分間のパネルディスカッションも子どもの特性から来る問題や、拘りへの対処法、学校との接し方など多岐にわたり意見交換をしました。


今回のイベントも100名近い方が参加されておりました。
このようなイベントに参加させて頂く時、一番感じる事は、参加者のご意見や悩みを聞くと本当に勉強になります。
その家庭環境や、住んでいる地域での支援の格差など様々と勉強になります。

これからも父親同士連携して協力しあっていけるような体制作りを心がけていきたいと感じました。
19日は東京都内にて、一般社団法人 企業アクセシビリティ・コンソーシアム(ACE)が主催する、障がい者雇用の推進を図る「第2回ACEフォーラム」が開催されました。

障がい者の雇用を福祉や社会貢献を目的としたものから「企業成長の原動力」に転換する。こんな理念を掲げ、日本IBMや日本GE(ゼネラル・エレクトロリック)、KDDI株式会社などを中心に昨年(2013年)発足した団体です。

一般社団法人 企業アクセシビリティ・コンソーシアム
https://www.j-ace.net/

代表理事を務めるのは日本IBMの橋本会長。

第2回ACEフォーラムでは、基調講演に「障がい者千人雇用」に取り組む、岡山県総社市長 片岡聡一氏と、厚生労働事務次官の村木厚子氏「障がい者雇用の現状と今後の動向」と題して基調講演を行いました。




各々30分間の講演でしたが、とても内容の濃い話で200名あまりの参加者もその話に集中していました。
その後はACE会員企業から障がいのある、社員16人(16社)の方々が職場での実績を報告。活躍事例紹介など行われました。

現在のACE参加企業はオムロン、富士ゼロックスなどを含め24社。
一般社団法人企業アクセシビリティ・コンソーシアムの会員企業
https://www.j-ace.net/ace/originators/

橋本代表理事は「会員企業としての参画は、100社を目指している」と言われていました。
フォーラム閉会の挨拶は、ACE理事でもあるKDDI株式会社の小野寺会長でした。

国会議員では、森まさこ元少子化担当大臣(障がい者担当大臣)、そして障がい者への支援や、雇用促進において活躍されており、当団体の活動をいつも応援頂いている山本博司参議院議員も出席。
フォーラム終了後の2014ACEアワードの表彰式会場では、日本IBMの橋本会長、KDDIの小野寺会長、総社市の片岡市長とも交流をさせて頂き、これからの障がい者雇用の在り方等について意見交換をさせて頂きました。










障害のある子どもたちを父親から支援をしている当団体も、イベントでは参加者の方からいつも出てくる言葉は「親亡き後」「我が子の社会進出(就労)」に関する悩みが多く、大半はこの内容で意見交換をしています。

大手企業が24社(現在)も参加されている、この一般社団法人 企業アクセシビリティ・コンソーシアムの、障がい者への就労支援活動は、私たちの様な、子どもに障害を持つ親としてとても勇気づけられる活動です。

今後も一般社団法人 企業アクセシビリティ・コンソーシアムの活動を応援してまいります。
輝-HIKARI-さいたまの玄関もクリスマスモードへと装飾しているこの時期、とても寒い日が続いていますが、子どもたちはとても元気に活動して、施設内はとても温かく賑やかです。


さて17日は、さいたま市北区にある、児童発達支援・放課後等デイサービス『輝-HIKARI-さいたま』にて利用者の児童を対象に、作業療法士と言語聴覚士の学部講師をお招きして、ソーシャルスキルトレーニングを行いました。
先月の21日に引き続き今回は2回目です。

2つの「遊び」から色々な動作や言語を学びました。
1つめはみんなが輪になって、相手の名前呼びながら、毛糸をお友達に投げていきました。また投げられたお友達はまた違うお友達に投げて・・を繰り返し、みんなで1つの蜘蛛の巣を完成。


各々の動作でひとつの大きな作品を完成させました。
また2つめは模造紙・画用紙を使っての遊び。大きな画用紙に人の型を描きました。


そこに他の人が手を乗せた画用紙の上に、他の人がなぞって手や足のカタチを描いていました。

そして最後はすべての絵を切り取り、大きな画用紙に貼り付けてこれもみんなでひとつの作品を完成させました。
利用者の児童も普段とは違った遊びで、とても興味を持ち、みんなでひとつの作品を完成させる楽しさや協調性などを感じていました。

*掲載している児童の写真は保護者の許可を得ております。


ホームページコンテンツ
■トップページ ■法人概要 ■おじゃりんく通信
■おやじりんく活動報告 ■イベント情報  ■賛助会員・寄付のお願い
■埼玉県NPO基金 ■個人情報保護方針 ■お問い合わせ
  特定非営利活動法人おやじりんく
HomePage: http://www.oyajilink.net/
Twitter: https://twitter.com/oyajilink/
facebook: http://www.facebook.com/npo.oyajilink
運営理念
おやじパワーとネットワークを活かして、発達障害児を中心とした子どもたちの育成と将来の自立・就労に向けて支援活動をおこないます。