トップページ個人情報保護方針 | お問い合わせ
サイト内検索
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
前月 2015年10月 次月
POWERED BY
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
24日は、志木市総合福祉センターにて、10月度文化芸術交流活動を行いました。
今回の企画は、リトミックで運動でした。
講師は自立支援ゴーシュの北澤さん。



北澤さんは、成人期の自立支援を目的とした支援を行うため、長瀞の方で手打ちうどん店を運営。そこで勤めている精神等に課題のある成人期の方々の支援を行う傍ら、児童に対してのリトミックを行い、埼玉県各地で活動をされている方です。
今回は、当団体が運営する輝-HIKARI-志木と輝-HIKARI-上宗岡の児童を対象に1時間のリトミックを行いました。



ヒーボードでの音楽に併せて、みんなで歩いたり走ったり、寝転んだり、手拍子をしたり、様々な動き取り入れて児童たちと運動をしました。
また輪投げを使ってくぐったり、大きなシーツを使って、風船をつくり皆で中に入ったりしました。
1時間の運動で子どもたちも疲れたと思いますが、みんながひとつになって、とても喜んでいました。



来月は輝-HIKARI-さいたまの児童を対象に開催する予定です。
10月17日は、第二回 放課後等デイサービス『輝-HIKARI-』スタッフ合同研修会を開催しました。
この研修会には、当団体が運営する、放課後等デイサービス『輝-HIKARI-志木』『輝-HIKARI-さいたま』『輝-HIKARI-上宗岡』のスタッフ計16名が参加。
また一般参加者として、さいたま市議会議員、歯科医師、作業療法士、言語聴覚士、特別支援教育関連、障害のある子どもを抱える保護者など、計60名の方にもご参加頂きました。
今回の研修会の特別講師は、米国コミュニケーションセラピストのカニングハム久子先生。



カニングハム久子先生には『発達障害による二次障害を最小限に食い止めよう』という内容で、約80分間に渉り講演をして頂きました。
講演内容は、症例として3症例を紹介。また発達障害児の思春期に見られる二次障害について、家庭で出来るやるべき二次障害予防策、そして二次障害が出たら、などの内容についてお伝え頂きました。
また、若者、特に思春期にみられるネットゲーム依存症について。その弊害などについてもお話し頂きました。
それ以外にも栄養学や環境汚染等による発達への影響、現代の生活レベルでの影響や、米国での研究内容についても発表されていました。



カニングハム先生は御年で81歳。48年前にアメリカへ渡米して以来、今でもアメリカニューヨークに在住しています。
なので、私たち子育て世代の親にはあまり馴染みの無い方かもしれません。
ただ全盛期は、全米精神延滞協会から最優秀臨床教育賞を受賞されたり、外務大臣賞を受賞されたり、その功績は数知れず。
そのカニングハム先生が、生い立ちから青春時代、そして渡米してからの生活や障害者への臨床、研究などのご経験について自叙伝としてこの一冊になり、10月10日に発売されました。



異国に生きる カニングハム・久子 愛と魂の軌跡
http://www.amazon.co.jp/%E7%95%B0%E5%9B%BD%E3%81%AB%E7%94%9F%E3%81%8D%E3%82%8B-%E3%82%AB%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%8F%E3%83%A0%E3%83%BB%E4%B9%85%E5%AD%90-%E6%84%9B%E3%81%A8%E9%AD%82%E3%81%AE%E8%BB%8C%E8%B7%A1-%E4%B9%85%E5%AD%90%E3%83%BB%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%8F%E3%83%A0/dp/4900851787

講演後は質問会を20分程度行いました。内容はIT端末などの年齢制限や、使用制限についての確認。または外遊びなどの重要性について、脳科学的見地から答えられていました。

その後は参加者の方々と交流を30分以上行いました。
日本へ来られてからまだ3日目。14時間のフライトと、13時間の時差のなか、またはこの日の日中は別の講演もされているお疲れのところでしたが、参加者の方々と最後まで笑顔で接しておりました。

とても貴重な研修会となりました。


ホームページコンテンツ
■トップページ ■法人概要 ■おじゃりんく通信
■おやじりんく活動報告 ■イベント情報  ■賛助会員・寄付のお願い
■埼玉県NPO基金 ■個人情報保護方針 ■お問い合わせ
  特定非営利活動法人おやじりんく
HomePage: http://www.oyajilink.net/
Twitter: https://twitter.com/oyajilink/
facebook: http://www.facebook.com/npo.oyajilink
運営理念
おやじパワーとネットワークを活かして、発達障害児を中心とした子どもたちの育成と将来の自立・就労に向けて支援活動をおこないます。