トップページ個人情報保護方針 | お問い合わせ
サイト内検索
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
前月 2016年04月 次月
POWERED BY
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
おやじりんくも先月31日で無事に4期目を終えて、4月より新たに5期目がスタート。団体を立ち上げて3年5ヶ月。これまでの活動の中で、昨年度の活動について振り返りたいと思います。

現在、特定非営利活動法人は全国で5万団体を越えました。



これはグラフの伸び率を見ても、2011年に起きた東日本大震災をキッカケに「共助」「地域」をテーマにした新たなコミュニティビジネスが脚光を浴びた背景も後押しとなっています。
ただし、NPOがコミュニティビジネスの一環としてなる立場として、社会性で考えると“ビジネス”である以上、ボランティアとは一線を画し、事業の継続性を念頭に置かなければなりません。
そのため、コミュニティビジネスには、「社会性」と「事業性」の2つの価値を持つことが求められます。(「地方創生」で脚光を浴びるコミュニティビジネス−コミュニティビジネスの可能性を探る− より)

信金中央金庫−産業企業情報−
「地方創生」で脚光を浴びるコミュニティビジネス
−コミュニティビジネスの可能性を探る−

http://www.scbri.jp/PDFsangyoukigyou/scb79h28F01.pdf

しかし、この5万団体あるNPO法人の中で、3年間、継続して事業を安定できた法人は、5%程度(2500〜3000団体程度)であると予想しており、残りの95%が、事業化や活動が軌道に乗らない状態であると予想しています。
それは、社会貢献に対する活動資金を、各企業のCSR部門や財団法人などの「寄付」や、会費などの収入を対象としているところが要因であり、また設立時の「熱さ」を中心者たちが忘れてしまっている(冷めてしまっている)心の問題もあると思います。
その中で、当団体NPO法人おやじりんくが何故に、事業継続を行い、社会貢献活動を進めていけるのか?は、すべて「チームワーク」と、そして「1人の想いがみんなの想い」に波及した表れであると思っています。
『「地方創生」で脚光を浴びるコミュニティビジネス−コミュニティビジネスの可能性を探る−』のコラムで、今回おやじりんくが、「持続可能な地域づくりに挑戦するコミュニティビジネス事業者」として紹介されました。

その文面中に以下のくだりがあます。
『同法人(おやじりんく)は特定非営利活動法人(NPO法人)として立ち上げた。障がい児を持つ親は自分の子どものことを中心に考えて利己主義に陥る傾向が強いことから、障がい者支援事業では、共感者でチームワークを組んで取り組むことが重要だと考えている。そのため、同法人は、一人で設立できる株式会社や社団法人ではなく、チームワークに馴染むNPO法人という法人格で「なければならない」と金子代表はいう。ちなみに、同法人では、職員を「チームおやじりんく」と呼ぶほど、チームワーク(協調性)を最重要視している。』


私たちが以前からずっと言い続けていた「特定非営利活動法人に拘り続けている」ということに対して、やっと客観的に評論されるに至ってきました。
この3年半で、団体に参加して活動に協力してくれている「チームおやじりんく」のメンバーたちの努力もあり、ゼロからスタートした3年5ヶ月前から、現段階で、当団体として収益部門としては、放課後等デイサービス「輝HIKARI志木」「輝HIKARIさいたま」「輝HIKARI上宗岡」「輝HIKARIみぬま」の4つの通所施設、そして43名のスタッフが勤める収益性事業型形態があり、またNPOとして、社会貢献非営利活動型形態により全国の支援団体や行政、協力関係機関とも繋がり、この両輪で障がいのある方(またはそのご家族)への支援体勢が整いました。
しかしまだ、企業規模としては中小企業程度のレベルであります。

今年度からも新しい発想と新しい取り組み、そして今のハードウェア・ソフトウェアをバージョンアップして、昨年度以上の飛躍をしていきたいと決意しています。

これからも、特定非営利活動法人おやじりんくをどうぞよろしくお願いいたします。
16日は大宮工房館にて、当団体が運営する、放課後等デイサービス「輝HIKARIさいたま」「輝HIKARIみぬま」の通所児童を対象とした4月度の文化芸術交流活動を開催致しました。
参加児童は計24名。スタッフと講師は15名。総勢39名でのイベントになりました。

今回の創作テーマは、「デコパージュせっけんをつくろう」と「プラバンキーホルダーをつくろう」でした。



【デコパージュとは?】

デコパージュとはヨーロッパ発祥の手芸で薄い柄の描かれた紙を自分の好きな形に切り取り、箱やビン、せっけんなどの小物に専用ののりで貼りつける技法の事をいいます。

今回は、市販の石鹸にペーパータオルで様々な模様を施して、自分オリジナルの石鹸を作成。
部屋に入るとみんなせっけんの香りにうっとり。
「いいにおいがする!」「このにおい好き!」と、嬉しそうでした。

また女の子は可愛い絵柄の作品、男の子は車や電車などの創作をしてオリジナルの石鹸を完成させました。



そしてもうう一つの作品
【プラバンキーホルダーとは?】
「プラバン」というプラスチックの板にマーカーで絵を描いて、トースター等で熱すると、小さく縮んで出来上がります。

今回は小さくなったプラバンでオリジナルのキーホルダーを作成しました。

こちらの作品も完成度高い作品ばかり。
自分の描いた作品が、トースターで熱して小さくなっていくのも子どもたちも大喜びでした。
みんな一生懸命に制作に取り組んでいました。



そして最後はみんなで作品の発表会を行いました。
全員の前に出てきて、自分の作品を披露して、講師やスタッフの人たちから評価をしてもらいました。



とても楽しい充実した一日でした。

株式会社ラッシュ・ジャパン様より「スノーマン」「マジッククリスマスファン」「サンタFUN」「スネークアンドラダー」計250個をご提供頂きました。





この場をお借りして心からお礼申し上げます。

ご提供頂きました商品は、放課後等デイサービス輝HIKARIのご利用者様をはじめ、当団体スタッフ、関係者などに配布をして有効活用させて頂きます。

■株式会社ラッシュ・ジャパン
https://www.lushjapan.com/

株式会社ラッシュジャパンは新鮮でオーガニックなフルーツや野菜、エッセンシャルオイルをふんだんに使って手作りした、自然派化粧品・フェイスケア・ヘアケア・石鹸・入浴剤などのバスアイテムを提供している企業です。
先日、信金中金から取材を受けた記事について、信金中央金庫 地域・中小企業研究所ホームページに掲載されました。

信金中央金庫 地域・中小企業研究所
http://www.scbri.jp/

◆産業企業情報−「地方創生」で脚光を浴びるコミュニティビジネス −コミュニティビジネスの可能性を探る

持続可能な地域づくりに挑戦するコミュニティビジネス事業者
(2)特定非営利活動法人 おやじりんく(埼玉県さいたま市)


http://www.scbri.jp/PDFsangyoukigyou/scb79h28F01.pdf

上記資料の7ページから11ページまでです。

〜以下文面引用〜
イ.法人の概要
同法人は、障がい者に対する自立支援や療育、障がい児の保育(放課後等デイサービスなど)、就労支援などを行う特定非営利活動法人である。
金子訓隆代表理事(以下、「金子代表」という。)が同法人を立ち上げようと動いた主なきっかけは、「息子の自閉症診断」、「東日本大震災」、「頭打ちが予想される社会保障費(障がい者関連)」である。
〜続きは記事を御覧下さい。〜


おやじりんくの設立のキッカケや概要など、とても素晴らしく纏めて頂いた記事です。
是非御覧下さい。


ホームページコンテンツ
■トップページ ■法人概要 ■おじゃりんく通信
■おやじりんく活動報告 ■イベント情報  ■賛助会員・寄付のお願い
■埼玉県NPO基金 ■個人情報保護方針 ■お問い合わせ
  特定非営利活動法人おやじりんく
HomePage: http://www.oyajilink.net/
Twitter: https://twitter.com/oyajilink/
facebook: http://www.facebook.com/npo.oyajilink
運営理念
おやじパワーとネットワークを活かして、発達障害児を中心とした子どもたちの育成と将来の自立・就労に向けて支援活動をおこないます。