トップページ個人情報保護方針 | お問い合わせ
サイト内検索
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
前月 2016年09月 次月
POWERED BY
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
26日、岡山県総社市役所へ訪問致しました。これには当団体から金子代表理事と広報の堀内が参加。
まずは、市役所内に設置されている、障がい者千人雇用センターに訪問して、山田センター長より現在の雇用状況について説明を受けました。



現在では、951名まで拡大された、障がい者雇用枠について確認。またセンター内にある就労啓発のパンフレット、福祉施設のパンフレットなどの資料の収集を行いました。



千人への達成は、年度内を目標として奔走しているとのことでした。

■参考ホームページ
障がい者千人雇用とは
http://www.city.soja.okayama.jp/fukushi/shogaisha/senninkoyou/syuugaisya_koyou_toha.html

続いて、総社市長室にて、片岡聡一総社市長他、田中副市長、その他福祉部の部長・次長・課長の他、幹部の方々と昼食を兼ねての交流を行いました。
懇談内容は、先週のわくわくチャレンジ祭2016のイベントの報告と、私の講演についてお祝いのビデオメッセージを送って頂いた御礼も含めて懇談。



今回市長室ではカレーをご馳走になりました。このカレーは片岡市長のてづくりで、一昨日から仕込んで頂いた様で、バターライスとのバランスも絶妙でとても美味しいカレーでした。
片岡市長は以前、コックとして勤められていたご経験もあり、このように普段から料理を作り、市の職員に振る舞っているそうです。
このような人柄だからこそ、1人1人の職員との距離も近く、信頼関係を築いている背景に、政策として掲げている、障がい者雇用も180名からスタートとして今では951名まで達成出来ているんだなと実感しました。



また、懇談の中では、故橋本龍太郎元内閣総理大臣の秘書時代のお話しや、先日、皇太子殿下が総社にお越しになれたときのお話し、また発達障害児支援や、三菱自動車のデータ不正問題による総社市内の雇用の影響などについて多岐に渉り懇談。
約2時間に渉っての交流をさせて頂きました。
9月18日は、埼玉県障害者交流センターにて「わくわく☆チャレンジ祭2016」が行われました。
こちらのイベントでは、当団体が担当したイベントは、行政と父親の視点から考える障害者の就労についてと題し、講演とシンポジウムの二部構成で行いました。
第1部は講演「岡山県総社市が取り組む障がい者千人雇用について」と題して、当団体の金子代表が講演を担当。



この2年間に渉り、8回の総社市への訪問と、片岡聡一市長と12回の交流を重ねて学んだ、総社市の障がい者千人雇用と、日本の障害者雇用、また中小企業の推移や経済的観点から、障害者雇用について1時間に渉り説明しました。他には、テレビせとうちで3年前に放映された、障がい者千人雇用のドキュメンタリー特集を放映。その他、片岡聡一市長から送られた、この講演のお祝いビデオメッセージを流して参加に伝えました。



第2部は、シンポジウムとして、2名県・市の職員の方にご登壇頂きました。
埼玉県福祉部福祉政策課のご担当者、さいたま市障害者総合支援センターの所長より、埼玉県とさいたま市の障がい者雇用、推進への取り組みについてご紹介頂きました。



また障害者雇用を進めるパンフレットやセンターの案内など配布をさせて頂き、埼玉県やさいたま市が取り組んでいる内容についてアピールをして頂きました。



とても充実した内容でのイベントとなりました。


16日は、埼玉県庁県議会において、公明党埼玉県議団意見交換会に参加させて頂き、団体の要望を提出いたしました。
これには、国会議員から、宮崎勝参議院議員(公明党埼玉県本部副代表)、県議会議員から西山淳次県議(県団長)、福永信之県議、塩野正行県議、権守幸男県議、安藤友貴県議の6名がご参加。
当団体からは、金子代表理事と、山中理事(放課後等デイサービス輝HIKARIさいたま管理者兼エリアマネージャー)が参加させて頂きました。




先日、安藤友貴県議に個別で要望した・・・
(1)放課後等デイサービスの福祉送迎車両に関する車両税(県税)に関する減免措置
(2)埼玉県志木市中宗岡にある交差点への安全配慮による信号機の設置
の2点について20分間の時間を頂き要望しました。
(1)の要望に関しては以前から要望していた内容で、東京・千葉・北海道(その他多数の都道府県)に関しては減免されているが、埼玉県ではまだ減免されていないことを報告。

「当団体も現在は18台の送迎車両を有し、車両税への負担も多く、設備投資に準ずることも含め、他県と同様に減免の配慮をお願いしたい」と伝えました。
要望を聞いて頂いた議員からは「埼玉だけ福祉への対応が遅れている事は他県と比較しても明確。これについては議会において是非取り上げて参りたい」と回答を頂きました。
また(2)については、安藤県議がすでに調査を実施されており「県の公安委員会へ要望をしている」と回答を頂きました。
当団体の要望に対してとても前向きに取り組んでご対応を頂いていることについて感謝を申し上げ、これからも福祉サービスの充実において埼玉県としてより一層取り組んで頂ける事をお願いしてまいりました。
14日は、日新火災海上保険(株)さいたま本社が主催する、オリジナル運転危険予知研修会を開催しました。
これには、当団体が運営する放課後等デイサービス輝HIKARI志木・さいたま・上宗岡・みぬまの職員、計32名が参加。



デイサービスで、車両送迎を担当する職員全てが参加しました。
今春に、数台の送迎車両へテスト的にドライブレコーダーを設置して、走行記録を撮りました。
そのデータに基づき、実際に送迎で行われている場面において、考えられる危険予知について、動画を見ながらみんなで危険箇所について確認をしていきました。
始めに、日新火災海上保険(株)のご担当者からのご挨拶。続いて当団体代表の金子より、普段の業務にご尽力頂いている事に対して謝意を示し、交通事故を起こした時の、運転者本人・被害者・団体としてのリスクなどについて説明しました。



続いて、保険会社担当者より、実際に走行して保存された16のデータに基づき、ヒヤリ・ハット、危険箇所の説明、事故の防止などを説明、参加者に対して気づいたことなど質問を投げ掛けながら約45分間の訓練を行いました。



その後は、実際に事故を起こしてしまったらという仮定に基づき、連絡方法やその流れについて確認。
続いて金子監事より、自家用車に取り付けているドライブレコーダーの動画に基づき、危険が考えられる状況について解説を行いました。
また今後は、事故時の対応と証拠の収集の為に、送迎中は全ての送迎車に対してドライブレコーダーを設置して安全確保に努めていく事を報告しました。



最後に、大谷理事・山中理事が登壇して、添乗者の大切や、運転者が運転に集中出来る体制を整えること、そして車同士の事故の場合、相手の人への初段階での対応などについて説明をしました。





おやじりんく職員がこの人数が一同に介して、ひとつの「安全」について意識の統一ができた事は、とても有意義のある研修会だったと思います。


ホームページコンテンツ
■トップページ ■法人概要 ■おじゃりんく通信
■おやじりんく活動報告 ■イベント情報  ■賛助会員・寄付のお願い
■埼玉県NPO基金 ■個人情報保護方針 ■お問い合わせ
  特定非営利活動法人おやじりんく
HomePage: http://www.oyajilink.net/
Twitter: https://twitter.com/oyajilink/
facebook: http://www.facebook.com/npo.oyajilink
運営理念
おやじパワーとネットワークを活かして、発達障害児を中心とした子どもたちの育成と将来の自立・就労に向けて支援活動をおこないます。