トップページ個人情報保護方針 | お問い合わせ
サイト内検索
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
前月 2016年10月 次月
POWERED BY
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
昨日は第4回障害児を抱えるオヤジのミニ勉強会を開催しました。
今回は、開催について公な告知を控えて少人数での勉強会にしました。
講師は、現在ニューヨークから一時的に来日されている(先生は米国籍)カニングハム久子先生をお迎えしました。



カニングハム先生とは1年振りの再会。毎年、この時期にニューヨークから来られております。
約1ヶ月間滞在して、日本各地で22回の講演活動や施設へのアドバイスなども行います。
このスケジュールの多忙のなか、ミニ勉強会の講師をして頂きました。
19時からは勉強会のスタート。この勉強会には当団体の大谷をはじめ、兵庫県伊丹からからも本田理事が駆けつけて14名の参加で行いました。



内容は、アメリカはどのように障害者を扱ってきたか?という歴史を遡り、今のアメリカの障害者雇用状況について説明されました。
日本とは数字をなかなか比較して検討する事は困難です。
それはアメリカには「障害者手帳」というものは存在してません。
また「障害」という考え方も日本とはだいぶかけ離れております。
また広大な土地の中で生活するには、移動手段も大きく関係していきます。
移動支援・日中一時支援・作業所などの概念も日本とは考え方が違って、その違いからの説明において、Seeing beyond disabilityなどの雇用統計を基に説明されておりました。
続いては参加者の質疑応答、少人数なので、一人一人の悩みについてアドバイスをされておりました。
また電磁波による体への影響など、実験をして精密機器を扱う上での注意点などについてお話しをされました。



午後には1つの講演、そして夜は私たちの勉強会、その翌日は午前中から千葉での講演を控え、とても多忙のなかでしたが、私たちの勉強会でも参加された方々と交流をして頂きました。
最後には参加した理事たちと共に記念撮影をして頂きました。



どうもありがとうございました。
19日は埼玉県日高市にある「ガレリア・デ・カフェ・リモン」を訪問しました。




こちらのカフェには、絵届け問屋kousuke代表の太田信介さんと、一般社団法人障がい者アート協会代表理事の熊本豊敏さん、当団体の広報の堀内も同席。
ガレリア・デ・カフェ・リモンには、知的障害者を伴う自閉症者としては数々の電車の絵画を描く画家の福島尚さんの作品が展示されています。
作品はこちらのホームページを御覧下さい。
http://galeriadecafelimon.web.fc2.com/fukushima-hisashi.html

福島尚さんのお父様と、地元の稲浦市議会議員にご対応を頂き、作品を拝見させて頂きました。



とにかく、この電車を描く作品は一見「写真?」と見間違えるほど、高精細に描かれており、作品の素晴らしさに圧倒されました。
福島尚さんは現在46歳。幼少期から知的障害と自閉症と診断され、支援学級・支援学校と通われて、現在は地元の授産施設に通所されています。
しかし、この作品を見るとその高精細に驚くことは当然のこと、この絵画はすべてその景色を目に焼き付けて、自宅で描いているものであり、自閉症の特性の一種である「カメラ・アイ」によって、強烈な記憶力で描かれていることです。



今回はこの福島尚さんの作品に強く興味を持たれていた、絵とどけ問屋宏介代表の太田さんと、一般社団法人障がい者アート協会代表理事の熊本さんも誘い、一緒に交流をさせて頂きました。
まだ具体的には伝えられませんが、今回の交流が今後、大きな発展をしていく予定です。
私もとても勉強になりました。
当団体が運営している放課後等デイサービス『輝HIKARI志木・さいたま・上宗岡・みぬま』の4施設合同のスタッフ研修会を開催します。
なお、この研修会は一般参加者も受け付けております。
参加ご希望の方は、下記のアドレスからお申し込み下さい。

http://www.oyajilink.net/event.php



輝HIKARIスタッフ合同研修会〜障害のある人の可能性を広げる〜
講 師:緒方克也 先生(社福 JOY明日への息吹 理事長)
開催日:平成28年11月19日(土)
時 間:19時から21時まで(18時45分から受付開始)
◆講演内容
1.JOY倶楽部創設までの経緯
2.医師として考えるこれからの医療と福祉の連携支援

参加費:1,000円(関係者無料)参加費には・会場費・資料印刷費等含まれています。
参加数:70名(満席になり次第受付を締め切ります)
場 所:浦和コミュニティセンター 第15集会室


講師:緒方克也先生 プロフィール

◆略 歴
1947年熊本市生まれ
1971年神奈川歯科大学卒業・神奈川歯科大学助手(麻酔学)・歯科医師免許取得
1979年福岡市にておがた小児歯科医院を開設
1980年歯学博士 神奈川歯科大学 乙第13号
1981年福岡歯科大学講師(非常勤・歯科麻酔学)
1993年福祉作業所福岡文化事業協会代表 
2000年社会福祉法人JOY明日への息吹 理事長
2009年中央福祉学院卒業・福岡障害者相談支援員
2013年児童発達支援施設joyひこばえ施設長・障害者相談支援事業所相談支援専門員
2013年日本障害者歯科学会理事長
2016年障害者福祉サービス事業所JOY倶楽部 施設長・社会福祉法人JOY明日への息吹・障害福祉サービス事業所JOY倶楽部・joyひこばえ・

◆現 職(2016年10月現在)
福岡歯科大学非常勤講師(歯科麻酔)
新潟大学歯学部非常勤講師(小児歯科)
広島大学歯学部非常勤講師(歯科麻酔)
岡山大学歯学部臨床教授(障害者歯科)
松本歯科大学臨床教授(障害者歯科)
九州歯科大学臨床教授(障害者歯科)
神奈川歯科大学客員教授(障害者歯科)
九州看護福祉大学非常勤講師(障害者歯科学)
社会福祉法人JOY明日への息吹 理事長
障害者相談支援事業所JOY夢サポート管理者
障害者福祉サービス事業所JOY倶楽部 施設長
日本障害者歯科学会 副理事

◆賞 罰
1995年 キワニス社会公益賞 / 2003年 障害者歯科学会優秀論文賞 / 2009年 読売文化福祉賞 / 2009年 西日本文化賞 / 2016年 福岡県産業教育賞


研修会詳細はパンフレットをご確認ください。
研修会パンフレット
http://www.oyajilink.net/ev15/HIKARISTAFF1017.pdf
9月26日、岡山県総社市へ訪問しました。前回の活動報告「障がい者千人雇用の取り組みについて交流1【岡山県総社市】」からの続きです。
片岡市長との昼食交流後は、市役所内にある「市内どこでも300円タクシー雪舟くん」のコールセンターについて、片岡市長自らタクシーの予約システムから、配車管理などについてご説明を頂きました。



片岡市長からのご説明では『本来であれば辺境地域から市内中心地まで片道6500円かかるタクシー料金を300円で行けるようにした。相乗りシステムにより経費負担の軽減を行っている。辺境地域に住む年配の方は高いタクシー料金に悩んでいた。年金だけでは生活が困難になってしまう。そこを雪舟くんを活用頂き、市内中心地にある病院まで安く行けるようにした。障害のある方の就労場所への通勤にも役立っており、障害者割引サービスも適用ができるようにしている』とお話しされていました。



これは凄いシステムです。片岡市長がいつも講演で言われている『税投入の逆進性』の政策の一環です。

◆参考ホームページ
新生活交通「雪舟くん」 - 総社市
http://www.city.soja.okayama.jp/kotsu/kurasi/shin_seikatu_koutuu/shin_seikatu_koutuu.html

雪舟くんコールセンターの見学後は、市役所を後にして、総社市内にあるガソリンスタンド「サンガーデン吉備路」を見学。



この見学には、総社市保健福祉部福祉課長と市長室の方もご同席頂きました。
このガソリンスタンドは全国では初の、社会福祉法人(三穂の園)が運営している、就労継続B型作業所になります。
昨年2月にも訪問をしていますが、講演の中でいつも話していますので、改めて現状を確認。



施設長及びサービス管理責任者の方よりご説明を受けました。



1日2交代制で、早番と遅番に分かれて、ガソリンスタンドを運営。働いている方は全員知的障害者の方です。
一生懸命に洗車業務や掃除、接客などを行っていました。障害のある方の新しい雇用の在り方を改めて学びました。


ホームページコンテンツ
■トップページ ■法人概要 ■おじゃりんく通信
■おやじりんく活動報告 ■イベント情報  ■賛助会員・寄付のお願い
■埼玉県NPO基金 ■個人情報保護方針 ■お問い合わせ
  特定非営利活動法人おやじりんく
HomePage: http://www.oyajilink.net/
Twitter: https://twitter.com/oyajilink/
facebook: http://www.facebook.com/npo.oyajilink
運営理念
おやじパワーとネットワークを活かして、発達障害児を中心とした子どもたちの育成と将来の自立・就労に向けて支援活動をおこないます。