トップページ個人情報保護方針 | お問い合わせ
サイト内検索
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
前月 2017年01月 次月
POWERED BY
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
さいたま市の大宮工房館で、今年最初の文化芸術交流活動を行いました。
今回は、『輝HIKARIさいたま』『輝HIKARIみぬま』の児童たちが参加。
創作内容は「おきあがりこぼうしをつくろう」でした。
タマゴ型の発砲スチロールの底にビー玉を入れて、小法師の基をつくりました。






児童たちは、その基の小法師にサインペンやビーズ、アクセサリーや毛糸玉など装飾して、好きな起き上がり小坊師を完成させました。
また早く完成した児童は、パズル風塗り絵をしました。



最後は、みんなの前で自分の作品を発表。頑張ったところを発表したり記念撮影をしたり、また先生からどこが良かったのかなど感想を伝えてもらい、作品に対する想いを伝え合いました。

17日は、さいたま市内の大宮工房館にて、当団体が運営する、放課後等デイサービス「輝HIKARI」4施設合同のスタッフ研修会を開催。計32名のスタッフが参加しました。



今回の研修会講師は、(株)ライフサポートの富岡竜一氏。



富岡さんは以前、ぜんち共済の取締役であり、日本各地において、知的障害者施設、または障害者支援団体と連携して、保険制度の様々な見直しなどを行い、障害者の方々へのライフプランなどにも数々携わった方。
今回の研修内容は、リスクマネジメント・セミナーとして「知的障がい者施設のリスクマネジメント」として、様々な障害者施設で起きた事故事例を参考にして、リスクマネジメントや事故防止、危険回避への改善等、また利用者のリスクアセスメントなど、施設側、利用者側の両方の観点からリスクについてお話しされました。



とても勉強になりました。
1月9日は、埼玉県日高市内にて行われた鉄道画家の福島尚『鉄道画家集・線路は続くよ』出版記念パーティーに当団体代表の金子と広報の堀内がお招き頂に参加しました。



この出版記念パーティーには、谷ケ崎日高市長をはじめ、日高市議会議長、日高市教育長、地元県議会議員など多数の来賓が参加され盛大に開催。



福島尚さんは知的障害を伴う自閉症の特性がありながら、その繊細な筆さばきで、見た光景を記憶して、自宅にあるアトリエで記憶だけを頼りに絵を完成させる方。
カメラアイの特性を生かした絵画活動をしています。
福島尚さんのことについては、下記のホームページで詳しく書かれています。

話すことはできないけど鉄道で世界とつながった! 自閉症の画家、福島尚さんの父母が語るこれまでの道のり
http://www.bookbang.jp/review/article/523218

画集は先月12月12日、全国の書店で発売を開始。
また、ネットでも購入できますので、ぜひ御覧になってください。




ホームページコンテンツ
■トップページ ■法人概要 ■おじゃりんく通信
■おやじりんく活動報告 ■イベント情報  ■賛助会員・寄付のお願い
■埼玉県NPO基金 ■個人情報保護方針 ■お問い合わせ
  特定非営利活動法人おやじりんく
HomePage: http://www.oyajilink.net/
Twitter: https://twitter.com/oyajilink/
facebook: http://www.facebook.com/npo.oyajilink
運営理念
おやじパワーとネットワークを活かして、発達障害児を中心とした子どもたちの育成と将来の自立・就労に向けて支援活動をおこないます。